• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

景気回復? 不都合な事実から目をそむけ思考停止に陥る日本

 今年のゴールデンウイークの国内旅行者数は前年比3%増の2380万人(JTB調べ)で過去最高だという。

 大マスコミはこれを「アベノミクスで景気回復の兆し」と解説する。テレビをつければ、行楽地ではしゃぐ人々の姿が映し出される。やけっぱちというのでもないが、どこか奇妙な高揚感である。

 足元を見れば、サラリーマンの賃金は23カ月連続でマイナス。消費税率アップに加え、円安によるコスト高で乳製品や食用油、コーヒーなどの値上げが続き、国民生活は逼迫している。一方で国の借金は1000兆円を突破し、日本国債はまた格下げされた。とても浮かれていられるような状況ではないはずだ。

「世界」5月号で評論家の寺島実郎氏が〈日本人が経済的にも精神的にも貧困化し、アジアのダイナミズムに突き上げられながら物事を深く広く考察する余裕を急速に失いつつある〉と書いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る