残業に多い“抱え込み”と“おつきあい” 時短専門家語る解消法

公開日:  更新日:

 週末から長期休みに入る。休み前の追い込みで、残業に追われるサラリーマンは多いだろう。

 働きがい研究所「Vorkers」の調査(2014年)によれば、月の平均残業時間は「30時間」がトップ。平均は約47時間だった。月平均残業時間が長い業界は、コンサルティング、シンクタンク(83・5時間)、広告代理店、デザイン等(78.6時間)、建築、土木等(70・8時間)と続く。

 先ごろ、「ホワイトカラーの時短研究プロジェクト」を立ち上げたリクルートワークス研究所が、「なぜか早く帰れない人のための時短生活開始マニュアル」を作成。そこで働き盛りのサラリーマンの残業のパターンを次の5つに分類している。

(1)仕事を無計画にこなし自転車操業に陥る「無計画残業症」
(2)資料や提案書の色使いや表現に必要以上にこだわる「こだわり残業症」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る