赤羽、上野、錦糸町…東京安くてうまい街は気を抜けない街

公開日: 更新日:

 赤羽や上野、錦糸町は、安くてうまい飲み屋が集まる“飲んべえの聖地”。

 特に赤羽は、漫画やドラマの影響もあり人気急上昇中だ。休日は、日の高いうちから立ち飲み屋で酔っぱらってフラついている若い女性の姿も見かけるようになった。

 しかし今、これらの地域は“都内で最も危険な場所”として、ひそかに警戒されている。ヤクザ事情に詳しいライターの篠原賢一氏は「私なら赤羽や上野で飲む時は、決して気を抜きません。そんな無謀なことはとてもできない。ヤクザ取材などで会う警察関係者からも同様の話を聞きます」と話す。

 篠原氏によれば、赤羽、上野、錦糸町は、昔から関東に地盤を置くヤクザと、関西から東京に進出してきた山口組、そして警察庁に準暴力団として指定されている「チャイニーズドラゴン」が三つ巴で闘争を繰り広げる「かつての歌舞伎町以上に緊迫した地域」。実際、赤羽では、こんな事件が起こっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る