赤羽、上野、錦糸町…東京安くてうまい街は気を抜けない街

公開日: 更新日:

 赤羽や上野、錦糸町は、安くてうまい飲み屋が集まる“飲んべえの聖地”。

 特に赤羽は、漫画やドラマの影響もあり人気急上昇中だ。休日は、日の高いうちから立ち飲み屋で酔っぱらってフラついている若い女性の姿も見かけるようになった。

 しかし今、これらの地域は“都内で最も危険な場所”として、ひそかに警戒されている。ヤクザ事情に詳しいライターの篠原賢一氏は「私なら赤羽や上野で飲む時は、決して気を抜きません。そんな無謀なことはとてもできない。ヤクザ取材などで会う警察関係者からも同様の話を聞きます」と話す。

 篠原氏によれば、赤羽、上野、錦糸町は、昔から関東に地盤を置くヤクザと、関西から東京に進出してきた山口組、そして警察庁に準暴力団として指定されている「チャイニーズドラゴン」が三つ巴で闘争を繰り広げる「かつての歌舞伎町以上に緊迫した地域」。実際、赤羽では、こんな事件が起こっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る