注目はタイ、米国、豪…夏休みの旅行先 人気に“異変”アリ

公開日:  更新日:

 いよいよ夏本番。パーッと海外に出てバカンスを楽しむサラリーマンも多いのでは? 旅行大手JTBの15年「夏休み(7月15日~8月31日)の旅行動向」によれば、総旅行人数は過去2番目に多い7816万人。うち、255万人が海外組だという。今年は円安や国際情勢の影響で旅先に異変が起きている。例えばMERSなどの感染症で韓国、相次ぐエアライン事故でマレーシアの人気が急降下。オーストラリアやタイ、アメリカ本土に人気が殺到していて――。

 日本旅行業協会の最新「夏休み旅行人気ランキング」によれば、1位ハワイ、2位台湾、3位グアムの定番に加え、5位タイ(昨年13位)、7位アメリカ本土(同8位)、10位オーストラリア(同12位)が順位を上げた。

「親日国のタイ人観光客を増やすため、食品業界を中心にインバウンド対策として、日本からプロモーションを目的としたビジネス客が増えているのも理由のひとつでしょう。若い世代のリピーターが多いと聞きます。アメリカ本土は中高年の間でブーム。60代前半は、バスでアメリカ横断したはしりの世代。定年してお金と暇ができ、3世代家族でキャンピングカーを借りて広大な自然の中をドライブするのが人気です」(旅行ライター・渡辺輝乃氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る