• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏休み目前 予算抑えたいなら「1泊朝食付き」の“格安温泉旅”

 シッカリ者はもう動いている。夏休みの話だ。中でもここ数年、各地で注目されているのが「1泊朝食付き」の宿泊プラン。文字通り、従来のスタンダードな宿泊スタイル「1泊2食付き」から夕食を抜いたあれだ。夕食がない分、料金が数千円安いため“格安旅”派にウケている。旅館によっては、8月分の予約がすでに売り切れがあるほどの人気ぶりだ。

「問い合わせは年々増えていますね。夕食がない分、安く泊まれる。とはいえ、風呂やアメニティーは普通に使うことができます。もちろん、露天風呂も。目的のひとつは料理。旅館の料理というと、自分の好みを選ぶことができません。夕食を地元の食材を生かした料理屋や居酒屋で食べるために“1泊朝食プラン”を選び、ネットなどで下調べして夕食の店を探すお客さまもいるようです」

 こう言うのは、高級旅館の予約サイト「らくだ倶楽部」の神山真一郎氏。なるほど、温泉旅館の料理というと、ほぼお決まりのご膳料理がほとんど。食べきれないほどのお皿が並ぶことも珍しくない。それなら、宿泊料金が安くなった分で自分好みの料理を楽しむのはいい選択だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る