安易な参加は大きなリスク「海外登山ブーム」の“落とし穴”

公開日:  更新日:

 マレーシアのボルネオ島で5日に発生した地震で、7日、震源に近いキナバル山で行方不明になっていた日本人のオザキ・マサヒロさん(29=漢字不明)とみられる男性の遺体が発見された。

 4月、ネパールを襲った大地震でも、エベレストで雪崩が起き、いずれも50代の日本人男女2人が死傷している。

 中高年の登山ブームは衰え知らずで、日本生産性本部のレジャー白書によると、日本の登山人口860万人のうち、60歳以上が4割超。国内だけでは飽き足らず、最近は「海外登山ツアーも人気になってきている」(旅行代理店関係者)。ネットで検索すると、北米や欧州などはもちろん、エベレストのツアーもあるが、安易な参加はお勧めできない。

 実際、2013年1月には、宮城県の男性が、山梨県の山岳ガイドが企画した南米最高峰のアコンカグア(アルゼンチン)の登山ツアーに参加し、凍傷で両手の指を全て切断という“惨事”も起きている。男性は、ガイドが安全配慮を怠ったとして約7300万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたものの、仙台地裁は今年3月、男性の請求を棄却している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る