虫よけ商品の表示はどう変わったのか

公開日:  更新日:

 ここ数年、多くの“虫よけ商品”が発売され、売り上げを伸ばしてきた。

 そんな折も折、消費者庁が今年2月20日の同庁ホームページに「虫の忌避効果を標ぼうする商品の販売業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令について」を公表。その内容は、吊り下げるなどして使用する虫よけ商品の表示が、景品表示法の優良誤認に該当するというもの。

 消費者庁表示対策課の担当者が言う。

「4社の対象商品パッケージの表示が、それを裏付ける合理的な根拠を示すものとは認められなかったためです。ただ、ここで誤解しないでいただきたいのは、決して効果の有無を認定したものではないということ。もちろん、お墨付きを与えるようなこともありません」

 あくまでも「表示を見直せ」という命令だったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る