虫よけ商品の表示はどう変わったのか

公開日:  更新日:

 ここ数年、多くの“虫よけ商品”が発売され、売り上げを伸ばしてきた。

 そんな折も折、消費者庁が今年2月20日の同庁ホームページに「虫の忌避効果を標ぼうする商品の販売業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令について」を公表。その内容は、吊り下げるなどして使用する虫よけ商品の表示が、景品表示法の優良誤認に該当するというもの。

 消費者庁表示対策課の担当者が言う。

「4社の対象商品パッケージの表示が、それを裏付ける合理的な根拠を示すものとは認められなかったためです。ただ、ここで誤解しないでいただきたいのは、決して効果の有無を認定したものではないということ。もちろん、お墨付きを与えるようなこともありません」

 あくまでも「表示を見直せ」という命令だったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る