• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

虫よけ商品の表示はどう変わったのか

 ここ数年、多くの“虫よけ商品”が発売され、売り上げを伸ばしてきた。

 そんな折も折、消費者庁が今年2月20日の同庁ホームページに「虫の忌避効果を標ぼうする商品の販売業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令について」を公表。その内容は、吊り下げるなどして使用する虫よけ商品の表示が、景品表示法の優良誤認に該当するというもの。

 消費者庁表示対策課の担当者が言う。

「4社の対象商品パッケージの表示が、それを裏付ける合理的な根拠を示すものとは認められなかったためです。ただ、ここで誤解しないでいただきたいのは、決して効果の有無を認定したものではないということ。もちろん、お墨付きを与えるようなこともありません」

 あくまでも「表示を見直せ」という命令だったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る