日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「君が代」に前奏はあるのか

 アメリカの優勝で幕を閉じたサッカーの女子W杯カナダ大会。例によって試合開始前に両国の国歌が流れたが、君が代に前奏がなかったことに気付いただろうか。

 同じサッカーでも今月1日に仙台で行われたU-22日本代表戦(対コスタリカ)のときには前奏があった。《♪き~み~が~よ~は~》という歌いだしの2小節だ。

 なぜ、前奏はあったりなかったりするのか。どっちが正しいのか――。

 1999年8月9日に成立した「国旗及び国歌に関する法律」、それを所管している内閣府大臣官房総務課管理室の担当者が言う。

「すべてではないと思いますが、国歌吹奏や国歌独唱の場合はあらかじめキーが決まっているので、前奏がないのでしょう。一方、競技場などで多くの人が一緒に歌う国歌斉唱のときは、キーや歌いだしのタイミングを観衆に知らせる意味もあって、前奏を付けていると思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事