“脱ゆとり教育”で復活気配の「半ドン」 その語源とは?

公開日: 更新日:

 文科省は2002年4月1日から、公立学校の土曜日を休日とする教育改革を実施した。いわゆる“ゆとり教育”だ。

 しかし、ゆとり教育は学力低下を招いたとの論争が巻き起こり、最近は“脱ゆとり教育”の一環として土曜日授業を復活させ、「土曜日は午前中授業、給食なし」とする自治体が増えている。それとともに復活しそうなのが「半ドン」という言葉である。

 さて、その語源は――。作家・評論家の唐沢俊一氏が言う。

「基本的には3つの有力な説があります。1つ目は、大正11年まで軍隊が正午の合図として空砲をドンと撃っていたんですね。夏目漱石の『坊っちゃん』にも、《丸の内で午砲(どん)を聞いた》というくだりがあります。ドンが鳴ったら半日が終わり、ということで半ドン。これが一番有力とされていました。2つ目は“半土”。明治時代に布教されたキリスト教には安息日がありますが、安息日は働いても遊んでもいけない。なら、いつ遊べばいいんだというところから、土曜日の半分を休みにしようということになって、半土。それが転じて半ドンになったという説です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る