• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“脱ゆとり教育”で復活気配の「半ドン」 その語源とは?

 文科省は2002年4月1日から、公立学校の土曜日を休日とする教育改革を実施した。いわゆる“ゆとり教育”だ。

 しかし、ゆとり教育は学力低下を招いたとの論争が巻き起こり、最近は“脱ゆとり教育”の一環として土曜日授業を復活させ、「土曜日は午前中授業、給食なし」とする自治体が増えている。それとともに復活しそうなのが「半ドン」という言葉である。

 さて、その語源は――。作家・評論家の唐沢俊一氏が言う。

「基本的には3つの有力な説があります。1つ目は、大正11年まで軍隊が正午の合図として空砲をドンと撃っていたんですね。夏目漱石の『坊っちゃん』にも、《丸の内で午砲(どん)を聞いた》というくだりがあります。ドンが鳴ったら半日が終わり、ということで半ドン。これが一番有力とされていました。2つ目は“半土”。明治時代に布教されたキリスト教には安息日がありますが、安息日は働いても遊んでもいけない。なら、いつ遊べばいいんだというところから、土曜日の半分を休みにしようということになって、半土。それが転じて半ドンになったという説です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る