山本太郎議員が質問 弾道ミサイルで原発は破壊できるのか?

公開日:  更新日:

 先月、国会で山本太郎議員が「川内原発が稼働中に弾道ミサイルの攻撃を受けたら」として、政府の対応策を質問した。弾道ミサイルで原発を破壊するなんて、実際にできるのだろうか。

「無理ですね。弾道ミサイルの精度には1~2キロの誤差があり、たとえば北朝鮮のノドンは誤差10~20キロ。原子炉どころか、原発の施設にもかすらない可能性が高いのです」

 こう言うのは、軍事問題に詳しいジャーナリストの黒井文太郎氏だ。仮に命中しても、弾道ミサイルは建屋を破壊する程度で、頑丈な原子炉まで吹き飛ばすほどの破壊力はないという。

「弾道ミサイルではなく、GPSやカメラなどを搭載し対象をピンポイントで攻撃できる“巡航ミサイル”なら、命中させることはできるかもしれません。たとえば米国が持つトマホークです。しかし巡航ミサイルを配備しているのは、米国のほかはロシアや中国といった核兵器の大量保有国だけ。核兵器を持っている国が、わざわざ通常弾頭で原発を狙うでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る