女子乗車率70% 寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」の魅力とは

公開日:  更新日:

「マジかよ」と耳を疑った鉄道ファンは少なくないだろう。上野と札幌を結ぶ寝台特急カシオペアが、来年3月で廃止になるという。カシオペアといえば、チケットがプレミア化するほど人気で、ファンも沿線自治体も存続を希望していたが、あっさり裏切られた。

 来年3月に北海道新幹線が開業するためで、札幌―青森間の夜行急行「はまなす」も廃止に。先日は、ブルトレがラストランを終えたばかりで、寝台車で定期運行するのは、「サンライズ出雲・瀬戸」のみだ。

 ライバルの飛行機に負けじと、新幹線の延伸を図るJR各社の事情は分からなくもないが、なんでもかんでもスピード優先では、風情がない。サンライズには、ガンバってもらいたいが、JR西日本広報部は「廃止? そういう話は聞いておりません」というから、一安心か。

 そのサンライズ、実は女子に大人気で、ネット上では女子の乗車率7割といった書き込みも。週末ともなると、午後10時の出発前の東京駅9番ホームは、ワインとつまみを買い込んだ女子であふれ、乗車後はあちこちで女子会が始まるらしい。これほど女子を引きつける秘密は何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る