女子乗車率70% 寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」の魅力とは

公開日: 更新日:

「マジかよ」と耳を疑った鉄道ファンは少なくないだろう。上野と札幌を結ぶ寝台特急カシオペアが、来年3月で廃止になるという。カシオペアといえば、チケットがプレミア化するほど人気で、ファンも沿線自治体も存続を希望していたが、あっさり裏切られた。

 来年3月に北海道新幹線が開業するためで、札幌―青森間の夜行急行「はまなす」も廃止に。先日は、ブルトレがラストランを終えたばかりで、寝台車で定期運行するのは、「サンライズ出雲・瀬戸」のみだ。

 ライバルの飛行機に負けじと、新幹線の延伸を図るJR各社の事情は分からなくもないが、なんでもかんでもスピード優先では、風情がない。サンライズには、ガンバってもらいたいが、JR西日本広報部は「廃止? そういう話は聞いておりません」というから、一安心か。

 そのサンライズ、実は女子に大人気で、ネット上では女子の乗車率7割といった書き込みも。週末ともなると、午後10時の出発前の東京駅9番ホームは、ワインとつまみを買い込んだ女子であふれ、乗車後はあちこちで女子会が始まるらしい。これほど女子を引きつける秘密は何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  6. 6

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  7. 7

    【神奈川】松沢成文は賞味期限切れ?街頭演説に人集まらず

  8. 8

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  9. 9

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る