女子乗車率70% 寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」の魅力とは

公開日:  更新日:

「マジかよ」と耳を疑った鉄道ファンは少なくないだろう。上野と札幌を結ぶ寝台特急カシオペアが、来年3月で廃止になるという。カシオペアといえば、チケットがプレミア化するほど人気で、ファンも沿線自治体も存続を希望していたが、あっさり裏切られた。

 来年3月に北海道新幹線が開業するためで、札幌―青森間の夜行急行「はまなす」も廃止に。先日は、ブルトレがラストランを終えたばかりで、寝台車で定期運行するのは、「サンライズ出雲・瀬戸」のみだ。

 ライバルの飛行機に負けじと、新幹線の延伸を図るJR各社の事情は分からなくもないが、なんでもかんでもスピード優先では、風情がない。サンライズには、ガンバってもらいたいが、JR西日本広報部は「廃止? そういう話は聞いておりません」というから、一安心か。

 そのサンライズ、実は女子に大人気で、ネット上では女子の乗車率7割といった書き込みも。週末ともなると、午後10時の出発前の東京駅9番ホームは、ワインとつまみを買い込んだ女子であふれ、乗車後はあちこちで女子会が始まるらしい。これほど女子を引きつける秘密は何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る