• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青山より赤羽…今どきの“肉食系”女子はこんな街に出没する

「絶食男子」と呼ばれる、恋愛に興味がない若い男が増えているが、女性はどんどん肉食化している。今年1月、インターネットリサーチ「Qzoo」が全国の20~60代の男女500人に「最近1カ月間にエッチしたか?」をアンケートしたところ、「はい」と答えた女性は20代が43・8%、30代は46・6%いた。“1カ月エッチ率”は20代男性の約2倍らしい。

 こうした20代の「肉食女子」はどこにいるのか。「肉食女子」について著述があるライターの菊池美佳子氏が言う。

「はっきりと言えるのは、肉食女子はセックスだけではなく、食べる方の肉も好む傾向が強いということです。青山や表参道あたりのおしゃれなレストランにはあまり出没しません。肉なら焼き肉、ジンギスカン、サムギョプサルなど、なんでも好きですが、においが気になるので、焼き肉後のエッチにはさすがに消極的。そこで、よく行くのがもつ焼き屋。幸せそうに『タン』や『レバー』『カシラ』を頬張っている女性は、9割くらいの確率で“肉食系”です。客同士の距離感が近いバーや立ち飲み屋で豪快に飲んでいる女性も肉食系のケースが多い。池袋や上野、新宿、赤羽のような“サラリーマンの街”をこよなく愛しているのも特徴です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  10. 10

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

もっと見る