高嶺の花こそ落ちる 「堀北真希タイプ」の見つけ方と口説き方

公開日: 更新日:

 はっきり言おう。堀北真希(26)と山本耕史(38)の結婚は“奇跡”ではない。タイミングとやる気、方法次第で、誰にでも山本みたいになるチャンスがあるという。

「満たされたい私たち─―OL夜のヒミツ箱」などの著書があり、現代女性の性愛に詳しい作家の加藤文果氏は言う。

「私は年間100人以上の女性を取材していますが、超がつく美女ほど、山本さんみたいな経験を積んだ男性や、“非イケメン”に落とされることが珍しくありません。堀北さんレベルの美人は少女時代から褒められ、チヤホヤされることに慣れているので、基本的に受け身の姿勢。一方、最近は“当たって砕けろ”的な猛烈アプローチをする男性が減っているので、たまに積極的に押してくる肉食男子がいると、心が揺らいでしまうようです」

 加藤氏が見てきた典型的な“ホマキ女”は、「両親と関係が良好」「清楚系の服装」「ノリが悪く、ハメを外すことが少ない」といった特徴があるそうだが、正直、合コンなど初対面で、両親との関係まで聞き出すのは難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る