高嶺の花こそ落ちる 「堀北真希タイプ」の見つけ方と口説き方

公開日:  更新日:

 はっきり言おう。堀北真希(26)と山本耕史(38)の結婚は“奇跡”ではない。タイミングとやる気、方法次第で、誰にでも山本みたいになるチャンスがあるという。

「満たされたい私たち─―OL夜のヒミツ箱」などの著書があり、現代女性の性愛に詳しい作家の加藤文果氏は言う。

「私は年間100人以上の女性を取材していますが、超がつく美女ほど、山本さんみたいな経験を積んだ男性や、“非イケメン”に落とされることが珍しくありません。堀北さんレベルの美人は少女時代から褒められ、チヤホヤされることに慣れているので、基本的に受け身の姿勢。一方、最近は“当たって砕けろ”的な猛烈アプローチをする男性が減っているので、たまに積極的に押してくる肉食男子がいると、心が揺らいでしまうようです」

 加藤氏が見てきた典型的な“ホマキ女”は、「両親と関係が良好」「清楚系の服装」「ノリが悪く、ハメを外すことが少ない」といった特徴があるそうだが、正直、合コンなど初対面で、両親との関係まで聞き出すのは難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る