高嶺の花こそ落ちる 「堀北真希タイプ」の見つけ方と口説き方

公開日:  更新日:

 はっきり言おう。堀北真希(26)と山本耕史(38)の結婚は“奇跡”ではない。タイミングとやる気、方法次第で、誰にでも山本みたいになるチャンスがあるという。

「満たされたい私たち─―OL夜のヒミツ箱」などの著書があり、現代女性の性愛に詳しい作家の加藤文果氏は言う。

「私は年間100人以上の女性を取材していますが、超がつく美女ほど、山本さんみたいな経験を積んだ男性や、“非イケメン”に落とされることが珍しくありません。堀北さんレベルの美人は少女時代から褒められ、チヤホヤされることに慣れているので、基本的に受け身の姿勢。一方、最近は“当たって砕けろ”的な猛烈アプローチをする男性が減っているので、たまに積極的に押してくる肉食男子がいると、心が揺らいでしまうようです」

 加藤氏が見てきた典型的な“ホマキ女”は、「両親と関係が良好」「清楚系の服装」「ノリが悪く、ハメを外すことが少ない」といった特徴があるそうだが、正直、合コンなど初対面で、両親との関係まで聞き出すのは難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る