小薮浩二郎
著者のコラム一覧
小薮浩二郎添加物研究者

1945年、岡山県生まれ。九州大大学院農芸化学専攻(栄養化学講座)修了。製薬会社の研究部門ほか、添加物開発の最前線で添加物研究に従事する。研究歴40年以上で、第一人者。現在は、食品会社の顧問、食品販売会社特別顧問(品質管理)に携わる。著書に「悲しき国産食品」「食品業界は今日も、やりたい放題」「食品選び・おとなの知恵 ちょっと高くても、コッチ!」など。

<第8回>豆腐は消泡材使用の有無がカギ

公開日:  更新日:
(C)日刊ゲンダイ

大豆はすべての必須アミノ酸を多量に含んでいます。そのため、栄養価は高い。また、大豆に含まれるタンパク質・グリシニンは、腸内でコレステロールと結合し、血液中のコレステロール(血清コレステロール)を低減させる働きがあるのです。

 スーパーで売っていたある…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る