• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

蓮舫氏はサンマの向きで赤っ恥 “左右”に関わるマナーと常識

「彼の右に出る者はいない」「ヤツの右顧左眄はいつものことさ」「ついに左遷か……」

 サラリーマン人生には常に「右」と「左」が付きまとう。また、これに関わるマナーや常識も数多い。キッチリ使い分けられないと、ビジネスシーンで赤っ恥をかいたり面目を失うこともよくある話だ。

 先日は国会議員の蓮舫氏が、ツイッターにサンマの塩焼きの写真をアップ。焼き加減や味はさておき、サンマの頭が右を向いた写真だったために「向きが逆」「マナー違反」などと痛烈な指摘を受けたばかり。接待や会食の機会が多いビジネスマンは、どんなシーンで注意が必要かというと――。

■刺し身はどちらから食べる?

「尾頭付きの魚は頭を左側にするのは常識です。というより、和食の盛り付けでは、多少斜めに盛り付けします。頭より尻尾が奥の位置になる“左手前右向こう”が基本。泳ぐように見せるためです。ほかにも、左右に関わるマナーは多い。たとえば、お刺し身は左側から食べる、あるいは、味の淡泊なモノからいただきます。また、お椀のフタはお盆の右横か盆の向こう側(上方向)に置く。これらは、ビジネスマナーの基本中の基本です」(日本コミュニケーション&マナー協会・金子理恵理事長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る