女性上司増加で異変 失敗しない「付け届け」の贈り方

公開日: 更新日:

 最近は、お中元・お歳暮を軽んじる動きがあるが、出世する上で上司への贈答は非常に重要だ。

 モノを贈ることによって臣下の礼をとり、害意のないことを示す。世話になっている上司への付け届け相場は5000~1万円。できる部下なら上司の奥さんの誕生日プレゼントも贈るという。

 ところが、ここ数年で付け届けの贈り方にも異変が起きている。

「ギフトネットコム」が20~40代の若手・中堅社員500人へアンケートしたところ、79%という圧倒的多数が「ギフトを贈るシーン・相手に変化があった」と回答。その多くは、異性の上司への戸惑いだ。女性管理職3割の政府方針もあり、今や職場の女性上司は当たり前。男性の上司なら「ビール」「ハム」の定番品でもよかったが、女性の場合は好みがあり、そうはならない。しかも、女性が重視する日は盆暮れの挨拶ではなく、「誕生日」「クリスマス」「記念日」などだ。

 そのため、日常的な会話から女性上司の趣味や欲しいものを把握しておく必要がある。ガーデニングなら剪定バサミ、犬を飼っていればペット用品という具合にとっさに思いつかなくてはいけない。

 仕事以外に面倒な作業がまたひとつ増えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る