女性上司増加で異変 失敗しない「付け届け」の贈り方

公開日:  更新日:

 最近は、お中元・お歳暮を軽んじる動きがあるが、出世する上で上司への贈答は非常に重要だ。

 モノを贈ることによって臣下の礼をとり、害意のないことを示す。世話になっている上司への付け届け相場は5000~1万円。できる部下なら上司の奥さんの誕生日プレゼントも贈るという。

 ところが、ここ数年で付け届けの贈り方にも異変が起きている。

「ギフトネットコム」が20~40代の若手・中堅社員500人へアンケートしたところ、79%という圧倒的多数が「ギフトを贈るシーン・相手に変化があった」と回答。その多くは、異性の上司への戸惑いだ。女性管理職3割の政府方針もあり、今や職場の女性上司は当たり前。男性の上司なら「ビール」「ハム」の定番品でもよかったが、女性の場合は好みがあり、そうはならない。しかも、女性が重視する日は盆暮れの挨拶ではなく、「誕生日」「クリスマス」「記念日」などだ。

 そのため、日常的な会話から女性上司の趣味や欲しいものを把握しておく必要がある。ガーデニングなら剪定バサミ、犬を飼っていればペット用品という具合にとっさに思いつかなくてはいけない。

 仕事以外に面倒な作業がまたひとつ増えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る