女性上司増加で異変 失敗しない「付け届け」の贈り方

公開日: 更新日:

 最近は、お中元・お歳暮を軽んじる動きがあるが、出世する上で上司への贈答は非常に重要だ。

 モノを贈ることによって臣下の礼をとり、害意のないことを示す。世話になっている上司への付け届け相場は5000~1万円。できる部下なら上司の奥さんの誕生日プレゼントも贈るという。

 ところが、ここ数年で付け届けの贈り方にも異変が起きている。

「ギフトネットコム」が20~40代の若手・中堅社員500人へアンケートしたところ、79%という圧倒的多数が「ギフトを贈るシーン・相手に変化があった」と回答。その多くは、異性の上司への戸惑いだ。女性管理職3割の政府方針もあり、今や職場の女性上司は当たり前。男性の上司なら「ビール」「ハム」の定番品でもよかったが、女性の場合は好みがあり、そうはならない。しかも、女性が重視する日は盆暮れの挨拶ではなく、「誕生日」「クリスマス」「記念日」などだ。

 そのため、日常的な会話から女性上司の趣味や欲しいものを把握しておく必要がある。ガーデニングなら剪定バサミ、犬を飼っていればペット用品という具合にとっさに思いつかなくてはいけない。

 仕事以外に面倒な作業がまたひとつ増えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る