• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

写真撮影が最も危険 日本人が「中国でやってはいけない」こと

 中国で邦人3人が「スパイの疑い」で拘束された事件。神奈川県在住の元脱北者の男性は、北朝鮮との国境付近の遼寧省・丹東付近で捕まり、愛知県の男性は浙江省のナンキ列島の軍事施設周辺で大量の写真を撮影しているところを見つかった。さらに北京でも日本人男性が拘束されているとみられる。この手の“事件”は初めてのことではない。2010年には、建設会社フジタの日本人社員が河北省で軍事管理区域に侵入したとして拘束されたのを覚えている人は多いはず。

 実は昨年11月、中国は「反スパイ法」を制定。スパイ容疑に関わる取り締まりを一段と強化したばかり。今後は、外国人監視がさらに厳しくなり、日本人がバンバン拘束されかねない状況となったのだ。

 万が一のとき、もはや「知らぬ存ぜぬ」は通用しない。スパイ容疑なら、数十年の投獄もあり得るというから、考えただけでゾッとする。観光やビジネスで渡航する際、絶対に“やってはいけないこと”は何か――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る