ペットボトルのお茶 「温かい」と「冷たい」の中身は同じ?

公開日:  更新日:

 まずは2000年10月、業界に先駆けてホット対応のペットボトル商品を発売した伊藤園。

「温かい『お~いお茶』は、ただ単にコールド商品を温めただけではありません。お茶は、温めたときにこそ、香りや味わい、おいしさの本質が問われます。温かい『お~いお茶』の原料となるお茶の葉は、摘み取り時期にまでこだわった『お~いお茶』専用の国産茶葉と、当社の社員が自ら品質を確かめて仕入れた国産茶葉を100%使用しています」(広報部)

 アサヒの「匠屋 あたたかい旨みの日本茶」も、「粉末玉露茶葉を使用し、うま味のある味わいとまろやかさを引き立てた“ホット用”のお茶です」(広報部門マネジャー)。

 他社はどうか――。

 キリンの「ほっと仕立て 生茶」は、「使用している茶葉は同じですが、温めると通常と味が変わるので、『生茶』の甘味の秘密である『かぶせ茶』を増量しています」(広報担当者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る