業界最大手に聞いた 街中にある「証明写真機」の設置基準

公開日: 更新日:

 履歴書やパスポートに使う写真をひとりで撮影する証明写真機。写真館と違って細かい修整はできないものの、料金は数百円と安く、あっという間にプリントされるのだから、使い勝手はいい。最近は、設置場所をネットで検索できるサービスもある。昔のように記憶をたぐったり、足を使ったりして、あの箱を探す必要もなくなった。それでも気になるのは、置かれている場所の基準。駅やスーパーなどでよく見かける気がするが、コインパーキングの近くや道端にポツンとあったりもする。採算は合うのだろうか。

 日本におけるパイオニアで業界最大手「日本オート・フォート」の担当者が言う。

「飲料の自動販売機と同じで、こちらから『置かせてほしい』と営業をかける場合もあれば、『ウチに置きたい』という申し出を受ける場合もあります。ただ、店に置く場合は入店客数、駅なら乗降人数、道端なら1時間に何人通るかをリサーチしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  7. 7

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  8. 8

    日本「GoTo」4事業なぜ強行?“第1波”対策失敗を専門家指摘

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    地震頻発と異臭騒ぎに関連…“異常事態”の日本列島で何が?

もっと見る