日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

業界最大手に聞いた 街中にある「証明写真機」の設置基準

 履歴書やパスポートに使う写真をひとりで撮影する証明写真機。写真館と違って細かい修整はできないものの、料金は数百円と安く、あっという間にプリントされるのだから、使い勝手はいい。最近は、設置場所をネットで検索できるサービスもある。昔のように記憶をたぐったり、足を使ったりして、あの箱を探す必要もなくなった。それでも気になるのは、置かれている場所の基準。駅やスーパーなどでよく見かける気がするが、コインパーキングの近くや道端にポツンとあったりもする。採算は合うのだろうか。

 日本におけるパイオニアで業界最大手「日本オート・フォート」の担当者が言う。

「飲料の自動販売機と同じで、こちらから『置かせてほしい』と営業をかける場合もあれば、『ウチに置きたい』という申し出を受ける場合もあります。ただ、店に置く場合は入店客数、駅なら乗降人数、道端なら1時間に何人通るかをリサーチしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事