• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

法務省は消極的…日本の難民受け入れを阻む「定義」の壁

 ドイツを目指すシリア難民の姿が連日報道されているが、なぜ日本は受け入れないのだろうか。

 実は日本では現在シリア人400人以上が暮らし、60人が難民申請している。だが、認定を受けられたのはたった1家族、3人のみ……。法務省の難民条約HPを見ると、難民の定義にわざわざアンダーラインを引き“迫害されていない人は難民として認めない”とある。かなり消極的だ。

「母国でデモに参加し、政治的迫害を理由に難民申請した人に対し、法務省入国管理局は、“デモの最中に攻撃されるといった危険性があることは否定できないにしても、異議申立人に〈固有〉の危険性ではない”ということで不認定としました」(難民支援協会広報・田中志穂さん)

 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の難民受け入れガイドラインにのっとり、申し立てをしても不認可になるケースがほとんど。日本における難民認定は非常に厳しく、認可率0・2%という低さ。しかも、難民認定を得られた人でも、約6年もかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る