なぜ「秋の夜長」なのか

公開日: 更新日:

 立秋を過ぎ秋分も終わりを告げると、まさに「秋の日はつるべ落とし」。「秋の夜長」を肌で感じる時季になった。

 ところで、この「秋の夜長」という表現、考えてみると変だ。言うまでもなく夜の時間は秋より冬の方が長いし、冬至(今年は12月22日)が一年のうちで最も昼の時間が短いことは誰でも知っている。正しくは「冬の夜長」……だが、そうは言わない。なぜか。

 作家で評論家の唐沢俊一氏に聞いた。

「『秋の夜長』は万葉集の頃に定着した言葉です。当時の男女関係は、男性が夜になると女性の家に忍んでいく“通い婚”でした。夏の間は暑いのと夜が短いので、女性のもとに通うのも大変でしたが、夏至が過ぎると夜が長くなり、気候も涼しくなって、男たちが頻繁に訪れるようになる。通う方も通われる方も、夜の長さを身に染みてうれしく思っていたので、この秋の夜長という言葉が定着したのでしょう。ちなみに、冬のことは『日短』と言います。こちらは明かりのあまりなかった時代、仕事のできる日中が短いことで、そう言われるようになったと思います」

 快適な気候を実感できる秋の夜。読書や音楽鑑賞、左党なら一献やるのも一興だが、殺し文句ならコレに決まりだ。

「秋の夜長は万葉集の世界に浸ってみない?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  3. 3

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  9. 9

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る