電車内の携帯電話“基準”変更 「ルール」と「マナー」どう違う?

公開日: 更新日:

 東日本の鉄道各社が今年10月以降、優先席付近での携帯電話の「マナー」を変更。「優先席付近では電源オフ」から「混雑時には電源をお切りください」になった。総務省が、心臓ペースメーカーと携帯電話に関する基準を変更、影響を与える距離について、従来の“22センチ”から“15センチ”に改めたためだ。

 でも、ちょっと待て。勝手に変更して他人を従わせるのは「マナー」というより「ルール」ではないのか。それとも「マナー」と「ルール」は同じなのだろうか。

「ルールというのは守るべき決まりごとのこと。マナーとは、他人を不快にさせないために当人の意思で気をつける行動のことです」

 こう言うのは、オールアバウトのマナーガイドで「マナースクール ライビウム」代表の諏内えみ氏。だとすると、変更されたのは、やはり「マナー」ではなく「ルール」ではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  5. 5

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  6. 6

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  7. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る