電車内の携帯電話“基準”変更 「ルール」と「マナー」どう違う?

公開日: 更新日:

 東日本の鉄道各社が今年10月以降、優先席付近での携帯電話の「マナー」を変更。「優先席付近では電源オフ」から「混雑時には電源をお切りください」になった。総務省が、心臓ペースメーカーと携帯電話に関する基準を変更、影響を与える距離について、従来の“22センチ”から“15センチ”に改めたためだ。

 でも、ちょっと待て。勝手に変更して他人を従わせるのは「マナー」というより「ルール」ではないのか。それとも「マナー」と「ルール」は同じなのだろうか。

「ルールというのは守るべき決まりごとのこと。マナーとは、他人を不快にさせないために当人の意思で気をつける行動のことです」

 こう言うのは、オールアバウトのマナーガイドで「マナースクール ライビウム」代表の諏内えみ氏。だとすると、変更されたのは、やはり「マナー」ではなく「ルール」ではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る