【コマツ】入社後10年は異動なしで専門スキルを学ぶ

公開日:  更新日:

「最近の業績は低調ですが、社員の間にはそれほど不安感はありません。給与は年功型の仕組みで安定していますし、ボーナスもそれほど変動しません」

 こう語るのはコマツのIさん(34)。海外売上高85%超、建設機械では世界最大手の同社は、中国での売り上げ不振などで今期は減益基調にある。

「業績が落ちても社員に報いる姿勢には感謝しています。職場でもここが踏ん張りどころと、皆で心を一つにしてがんばろうと言い合っています」

 もちろん、意欲をかきたてる背景には相応の報酬がある。Iさんの基本給は36万円。妻1万5000円、子供5000円の家族手当など諸手当込みの月給は約40万円。昨年のボーナスは合計で260万円あり、年収は740万円だ。

「年功制なので若いときは給与が低いのですが、最近は初任給を上げるなど手厚くする動きもあります。今年のボーナスは業績の影響で少し下がるかもしれません。でも世の中が賃上げムードなので、ベアがあれば減収分をカバーできるのですが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る