【コマツ】入社後10年は異動なしで専門スキルを学ぶ

公開日: 更新日:

「最近の業績は低調ですが、社員の間にはそれほど不安感はありません。給与は年功型の仕組みで安定していますし、ボーナスもそれほど変動しません」

 こう語るのはコマツのIさん(34)。海外売上高85%超、建設機械では世界最大手の同社は、中国での売り上げ不振などで今期は減益基調にある。

「業績が落ちても社員に報いる姿勢には感謝しています。職場でもここが踏ん張りどころと、皆で心を一つにしてがんばろうと言い合っています」

 もちろん、意欲をかきたてる背景には相応の報酬がある。Iさんの基本給は36万円。妻1万5000円、子供5000円の家族手当など諸手当込みの月給は約40万円。昨年のボーナスは合計で260万円あり、年収は740万円だ。

「年功制なので若いときは給与が低いのですが、最近は初任給を上げるなど手厚くする動きもあります。今年のボーナスは業績の影響で少し下がるかもしれません。でも世の中が賃上げムードなので、ベアがあれば減収分をカバーできるのですが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る