• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【コマツ】入社後10年は異動なしで専門スキルを学ぶ

「最近の業績は低調ですが、社員の間にはそれほど不安感はありません。給与は年功型の仕組みで安定していますし、ボーナスもそれほど変動しません」

 こう語るのはコマツのIさん(34)。海外売上高85%超、建設機械では世界最大手の同社は、中国での売り上げ不振などで今期は減益基調にある。

「業績が落ちても社員に報いる姿勢には感謝しています。職場でもここが踏ん張りどころと、皆で心を一つにしてがんばろうと言い合っています」

 もちろん、意欲をかきたてる背景には相応の報酬がある。Iさんの基本給は36万円。妻1万5000円、子供5000円の家族手当など諸手当込みの月給は約40万円。昨年のボーナスは合計で260万円あり、年収は740万円だ。

「年功制なので若いときは給与が低いのですが、最近は初任給を上げるなど手厚くする動きもあります。今年のボーナスは業績の影響で少し下がるかもしれません。でも世の中が賃上げムードなので、ベアがあれば減収分をカバーできるのですが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る