がんなら「自宅死」という選択肢 在宅医が語るポイントは

公開日: 更新日:

 余命宣告を受けたら、住み慣れた我が家で安らかに死にたい……。そう心に秘めている人も少なくない。ところが今は、8割が病院で最期を迎えている。どうやったら自宅で死ぬことができるのか。毎年30人近くを在宅医として看取り、「死に方は自分で選ぶ」の著者で、ひらお内科クリニック院長の平尾良雄医師に自宅死について聞いた。

 がんの末期は病院で死ぬしか選択肢はないと思いがちだ。

「がんは亡くなる直前まで意識がはっきりしていますから、時間というギフトがあります。会いたい人に会えて、伝えたいことを整理でき、自分らしい生き方で人生を終えられる病気です。そのメリットを享受するには、病院を出るという選択肢があります」

 がんには「うつ的になる」「死にたくなる」という精神的なストレスもある。だが、痛みを取り除けば、そういった悩みはかなり解消されるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る