老後の新たな暮らし方に「高齢者シェアハウス」という選択肢

公開日:  更新日:

 これまで、老後の住まいといえば「自宅」に住み続けるか、老人ホームなどに入るかの選択肢しかなかった。そんな中、シニアの新たな暮らし方として注目を集めているのが、他人と共同で暮らす「シェアハウス」だ。年を重ねて独り暮らしは不安や寂しさがあるが、老人ホームは気が進まないという人の活用が増えつつある。どんな“すみか”なのか――。

■ライフスタイルに合わせて選ぶ

 シェアハウスは主に2タイプある。ひとつは「高齢者向けシェアハウス」、もうひとつが年齢を問わない「多世代型シェアハウス」だ。

 たとえば、神奈川・伊勢原市にある「グループハウス欅」は、高齢者向けのシェアハウス。定員は6人で“65歳以上”が入居の条件だ。現在は、なんと101歳、90歳、86歳が入居中。認知症にならない限りは、生涯暮らせる。

 一方、東京・南阿佐ケ谷にある「ガーデンカフェ・プリエ阿佐ケ谷」は多世代型。閑静な住宅街にある一軒家で、石畳のオープンガーデンが印象的だ。現在は、30代と60代の男性、4人の女性が暮らしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る