高齢者がカモにされる 「マイナス金利詐欺」専門家が危惧

公開日: 更新日:

 黒田日銀のマイナス金利自体が詐欺的だが、マイナス金利政策によってますます増えそうなのが詐欺集団だ。悪徳商法評論家・多田文明氏がこう警鐘を鳴らす。

「黒田総裁は“個人の預金金利はマイナスにならない”と言いますが、高齢者のほとんどは意味をきちんと理解していないでしょう。『マイナス金利で預金が目減りしますよ。今すぐ引き出してうちに預けてください。投資した方がお得ですよ』とだますマイナス金利詐欺が続出すると思います」

 昨年の振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の被害額は476億円。依然として高水準だ。

「警察は“6年ぶりに減少した”と胸を張っていますが、減ったのは東京、大阪など大都市だけで、福岡や仙台などの地方都市ではむしろ被害が増加しています。昨年、『下流老人』が流行語大賞にノミネートされましたが、年金暮らしで生活不安に怯えている高齢者はカモにされやすい。去年は、東京・練馬の75歳の女性が、自宅でタンス預金していた1億円をオレオレ詐欺グループにごっそり持っていかれる事件が起きました。同じような事件が多発すると思います」(多田文明氏)

 つくづく、罪深い日銀総裁である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  3. 3

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  4. 4

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る