大手企業が続々導入 「在宅勤務」で損する意外なタイプ

公開日: 更新日:

 通勤ラッシュのつらさから解放されるのか。トヨタは、1歳未満の子供がいる社員を対象としていた在宅勤務について、子供の有無に関係なく拡大する方針を決めた。現在、具体的な中身を調整しているという(工場勤務は除く)。三井物産は今月から入社4年目以降の3500人を対象に在宅勤務を認めている。家で仕事ができれば楽チンだが、デメリットがないわけじゃない。働き方はどう変わるのか。

 昨年から導入しているリクルートは、勤務場所を自宅に限定しない。近所のカフェでも図書館でもいい。チャットやテレビ会議ができる通信環境が整ったところならどこでもOK。出社するのは来客や社内の会議・面談などがあるときだけで、そうじゃなければ週2、3日出社という人も少なくない。

「部署のメンバー全員にメールで『その日にやることや終了時間』を伝え、“出社”を連絡。それから必要に応じて、上司や同僚にメールやチャットで相談したりされたり、電話などで連絡を取りながら仕事します。その日の業務終了の合図もメール。『その日にやったことや課題、あしたやること』を報告してパソコンの電源を切ります」(ある社員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る