生涯年収で4000万円の差も 「男の見た目」5つのポイント

公開日:  更新日:

「言ってはいけない」(新潮社)が話題だ。タイトル通り、大きな声で言えない残酷な真実が紹介されており、なんでも美人とそうでない女性とでは、生涯賃金で3600万円も差が出るという。「男でよかった」なんて安心してはいけない。米テキサス大学の調査によると見た目の良し悪しの違いで、生涯年収が4000万円も違ってくる。

「仕事柄、多くのエグゼクティブを見てきましたが、彼らは“見た目”がいいんです。といってもイケメン、オシャレという意味ではありません。誠実さや安心感を与える見た目を上手につくっているんですね」

 こう言うのは、経営コンサルティング会社に所属する美容コンサルタントの平松由貴氏だ。准看護師の資格も持つ。

 平松氏によれば、仕事ができる見た目をつくるのは「肌、髪、目力、腹回り、ニオイ」のたった5つ。ここに気を付けるだけで、好感度の高い見た目になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る