小2男児無事保護も “虐待大国ニッポン”に世界が厳しい目

公開日:  更新日:

 本当に無事で何よりだが、これにて一件落着とはいきそうにない。北海道七飯町の“しつけ置き去り”騒動。先月28日から行方不明だった小2の田野岡大和君(7)がきのう(3日)、6日ぶりに無事保護され、日本はもとより、AP通信や英BBC放送など欧米の主要メディアも相次いで速報した。この騒動、世界の注目度も高い。

 日本でも、教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏が先月30日付の自身のブログで、父親が林道に7歳児を置き去りにしたことについて〈悪いしつけの見本です……虐待です〉などと憤慨。しつけか虐待かで議論になっているが、“世界の目”はもっとシビアだ。

 AP通信は無事保護の一報を受け、〈親バカや専業主婦といった先入観があるが、それよりはるかに(日本では)子どもの遺棄や虐待が一般的〉などと伝えている。

 大和君の捜索の模様を連日報じていた英BBC放送も〈しつけ〉を〈as a punishment〉=〈罰として〉などと報じていた。そもそもpunishmentには、罰のほかに虐待という意味もある。欧米では今回の一件が明らかに虐待と映っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る