高コスパはどれ? ファストファッションのシャツ徹底比較

公開日:  更新日:

 クールビズがすっかり定着した。ノーネクタイは楽チンだが、いつものシャツじゃカッコ悪い。汗まみれになるこの季節、洗濯機でガンガン洗えた方がいい。手頃で扱いやすいアイテムを積極展開しているのが、ファストファッション各社だ。出来はどうなのか? 大御所のユニクロ、GU、H&M、無印良品のビジネス向けシャツを徹底比較。ファッションコーディネーターの角田潤氏にチェックしてもらった。

 全商品がカラーキーパー(襟芯)付きで、ノーネクタイでもスッキリ見える。形状記憶タイプでストレッチがきいている。基本スペックは〈別表〉の通り。

「ユニクロの値上げでGUに流れていると聞いていたのですが、それも納得です。価格は1000円ほど開きがありますが、品質差が分かりにくい。GUのシャツはかなりコストパフォーマンスが高い」

 ともに、ビジネス色が強いカッチリした仕立て。違いは縫製だ。ユニクロは高級シャツが好む巻き縫いを採用。見た目がキレイな上、耐久性も高まる。その分、工程が増えるので手間暇かかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る