高コスパはどれ? ファストファッションのシャツ徹底比較

公開日: 更新日:

 クールビズがすっかり定着した。ノーネクタイは楽チンだが、いつものシャツじゃカッコ悪い。汗まみれになるこの季節、洗濯機でガンガン洗えた方がいい。手頃で扱いやすいアイテムを積極展開しているのが、ファストファッション各社だ。出来はどうなのか? 大御所のユニクロ、GU、H&M、無印良品のビジネス向けシャツを徹底比較。ファッションコーディネーターの角田潤氏にチェックしてもらった。

 全商品がカラーキーパー(襟芯)付きで、ノーネクタイでもスッキリ見える。形状記憶タイプでストレッチがきいている。基本スペックは〈別表〉の通り。

「ユニクロの値上げでGUに流れていると聞いていたのですが、それも納得です。価格は1000円ほど開きがありますが、品質差が分かりにくい。GUのシャツはかなりコストパフォーマンスが高い」

 ともに、ビジネス色が強いカッチリした仕立て。違いは縫製だ。ユニクロは高級シャツが好む巻き縫いを採用。見た目がキレイな上、耐久性も高まる。その分、工程が増えるので手間暇かかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  2. 2

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る