高コスパはどれ? ファストファッションのシャツ徹底比較

公開日:  更新日:

 クールビズがすっかり定着した。ノーネクタイは楽チンだが、いつものシャツじゃカッコ悪い。汗まみれになるこの季節、洗濯機でガンガン洗えた方がいい。手頃で扱いやすいアイテムを積極展開しているのが、ファストファッション各社だ。出来はどうなのか? 大御所のユニクロ、GU、H&M、無印良品のビジネス向けシャツを徹底比較。ファッションコーディネーターの角田潤氏にチェックしてもらった。

 全商品がカラーキーパー(襟芯)付きで、ノーネクタイでもスッキリ見える。形状記憶タイプでストレッチがきいている。基本スペックは〈別表〉の通り。

「ユニクロの値上げでGUに流れていると聞いていたのですが、それも納得です。価格は1000円ほど開きがありますが、品質差が分かりにくい。GUのシャツはかなりコストパフォーマンスが高い」

 ともに、ビジネス色が強いカッチリした仕立て。違いは縫製だ。ユニクロは高級シャツが好む巻き縫いを採用。見た目がキレイな上、耐久性も高まる。その分、工程が増えるので手間暇かかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る