• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

危機管理専門家ばっさり 舛添都知事は会見でなぜ失敗した

 1回目の会見は会計責任者による記載ミスで流し、2回目は第三者の弁護士に調査を依頼すると言い逃れた。海外豪遊出張や公用車の公私混同問題に続き、「政治とカネ」をめぐる疑惑が噴出している東京都の舛添要一知事。逃げ切れると本人はタカをくくっているが、会見を重ねるほど不信感は高まる一方だ。数字は如実に示していて、朝日新聞の世論調査では舛添の一連の対応について、〈適切だ〉と答えたのはわずか8%。83%が〈適切ではない〉と回答した。

 火が付いた市民感情を鎮火させるはずの釈明で、ここまで油を注ぐのも珍しい。東大法卒、6カ国語を操る国際政治学者の頭脳をもってして、自分を追い込んでいるのはある意味、フシギだ。

 危機管理コンサルタントの田中辰巳氏(リスクヘッジ代表)はこう言う。

「謝罪は消火であり、解毒。聞き手が納得し、憤りが収まるようにしなければ意味がありません。舛添知事は言いたいことを言うだけで、質問にはまともに答えない。ダメージコントロールの手法でいえば、全く逆効果。危機管理の点でも論評に値しません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る