危機管理専門家ばっさり 舛添都知事は会見でなぜ失敗した

公開日:  更新日:

 1回目の会見は会計責任者による記載ミスで流し、2回目は第三者の弁護士に調査を依頼すると言い逃れた。海外豪遊出張や公用車の公私混同問題に続き、「政治とカネ」をめぐる疑惑が噴出している東京都の舛添要一知事。逃げ切れると本人はタカをくくっているが、会見を重ねるほど不信感は高まる一方だ。数字は如実に示していて、朝日新聞の世論調査では舛添の一連の対応について、〈適切だ〉と答えたのはわずか8%。83%が〈適切ではない〉と回答した。

 火が付いた市民感情を鎮火させるはずの釈明で、ここまで油を注ぐのも珍しい。東大法卒、6カ国語を操る国際政治学者の頭脳をもってして、自分を追い込んでいるのはある意味、フシギだ。

 危機管理コンサルタントの田中辰巳氏(リスクヘッジ代表)はこう言う。

「謝罪は消火であり、解毒。聞き手が納得し、憤りが収まるようにしなければ意味がありません。舛添知事は言いたいことを言うだけで、質問にはまともに答えない。ダメージコントロールの手法でいえば、全く逆効果。危機管理の点でも論評に値しません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る