“ゆるツイ”交流でフォロワー増 企業SNS運用のポイントは

公開日: 更新日:

「 ゜がなくなりました。弊社の 。を見かけられた方は至急ご連絡ください」

 これは昨年10月、シャープ株式会社のツイッター公式アカウントがつぶやいた投稿。ジョークサイトの「虚構新聞」が「シャープが半濁点( ゜)の売却を検討中」という嘘のニュース記事を掲載したのを見つけたシャープ広報が、本当にアカウント名から「 ゜」を外して「シャーフ株式会社」に変更してしまったのだ。

 これに阪急電鉄やパインアメ、日産自動車など数々の公式アカウントが反応し、ネット上で盛り上がりを見せた。

 今、こうした企業アカウントのゆるく仲むつまじいやりとりに注目が集まり、ファンを増やしている。中でも「親友」のように友好を深めているのが、冒頭のシャープと株式会社タニタ。12年6月にタニタが、「タニタとコラボしてくれるところないかな……ツイッターでですけど」とつぶやいた際、「あの……お友だちからでよければ……よろしくお願いしたい……です……ツイッターで」とシャープが応答したのをきっかけに、ツイッター上での交流がスタート。今年3月にはついに2社のアカウントを擬人化した漫画「シャープさんとタニタくん@」(リブレ出版)が単行本化。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る