Wワーク経験者が急増中 失敗しない副業の“コツとリスク”

公開日: 更新日:

 今年2月にロート製薬が、社外での副業を認める「社外チャレンジワーク制度」の導入を発表したことが話題になった。また、2015年にエン・ジャパンが人材派遣情報サイト「エン派遣」のユーザー4233人に調査した結果でも、57%が「ダブルワークの経験がある」と回答。過去最高の水準となっている。ただ、副業といっても月数百万を稼ぎだすつわものもいれば、うまくいかずに疲弊するだけでなく、赤字になってしまうケースもあるのが現実だ。

 そこで、実際に会社員として勤めながら、副業をしている人たちに話を聞いてみた。まずは空いた時間を使ってアフィリエイトで稼いでいるという40代会社員のNさん。

「パソコンがあれば誰でもできるのが魅力で、会社のある日は一日1~2時間、休日には3時間以上、時間を使ってやっています。コツコツ稼げる仕組みをつくることがポイントなので、わからないことを検索しながら、成功するまで地道に続けられるかが重要です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る