東京・文京区で何が “ナンパ率”全国トップの街を徹底調査

公開日:  更新日:

 東京・文京区のイメージといえば、「ハイソな街」「静かで暮らしやすそう」といったところだろうか。実際、住まいの未来を研究する「HOME’S総研」が昨年、全国主要都市の住民を対象に行った「センシュアス・シティ・ランキング」で「文京区」が全国で1位となった。

「全国134都市の住民を対象に『食文化が豊かか』『自然を感じるか』『共同体に帰属しているか』など8つの指標の偏差値で集計し、ランキング形式でまとめました。街の本当の魅力を測る物差しになると考えています」(「HOME’S総研」所長の島原万丈氏)

 8指標のうち、ユニークなのが「ロマンスがあるか」を問うカテゴリーだ。①デートをした②ナンパした・された③路上でキスした④すてきな異性に見とれたの4項目を調査し、文京区は“ナンパ率”が全国トップ。トータルでも大阪市北区に次いで2位となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る