森永卓郎さん<1> 20億円の小切手を紙袋で運び大目玉

公開日: 更新日:
専売公社入社時(中段左から3人目が本人)/(提供写真)

 1980年4月、東大を卒業して入社したのが日本専売公社(現、日本たばこ産業=JT)。半年の研修が終わった後に配属されたのが、主計課の資金係でした。当時、まだ公社だったので仕組みはほぼ役所と同じでしたね。

 最初の仕事は「国庫金振替書」という小切手の…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  10. 10

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

もっと見る