急な性格の変化が危ない 怒りっぽい人は病気かもしれない

公開日:  更新日:

 すぐカッとしたり、怒りっぽい性格の人は、病気かもしれない。とくに短期間で急激に怒りっぽくなった場合は、脳になんらかのトラブルが起きている可能性が高いという。「ナビタスクリニック新宿」の理事長で血液内科、感染症を専門とする久住英二医師に話を聞いた。

 穏やかだった人が中年になって怒りっぽくなったという話はよく聞く。加齢によって脳の萎縮が起こり、穏やかさなどの理性をつかさどっている前頭葉の機能が低下するためだ。老化に伴う症状のため、萎縮による機能低下は数年単位で表れる。しかし、短期間で急に怒りっぽくなった場合は重大な病気の可能性があるという。

「急な性格の変化は、脳腫瘍や感染症などからくる脳炎によって、前頭葉になんらかのトラブルが起きていることが考えられます」

 もし、数カ月単位で怒りっぽくなった場合は、前頭葉に「脳腫瘍」ができて前頭葉の機能が低下している可能性が高い。腫瘍の成長にしたがって前頭葉の脳組織が破壊、圧迫され、穏やかさが失われていくのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る