失恋から誕生日まで…企業「ユニーク休暇」はこんなにある

公開日: 更新日:

 今年4月から、従業員に「年5日の有休」を取らせる義務を企業に課す方針で、労働基準法改正法案の調整を進めている。背景にあるのは、日本企業の有休取得率の低さで、有休消化率が100%近い欧米には遠く及ばない。そんな中、なんとか社員をリフレッシュさせようと、ユニークな休暇制度を打ち出す企業が増えている。介護休暇や育児休暇ばかりじゃない、あっと驚く休暇とは――。

■失恋休暇

 失恋で会社を休めるという驚きの休暇が存在する。恋に破れた社員を癒やす制度を導入しているのは、神戸市を中心に6店舗の美容院を経営するチカラコーポレーションだ。きっかけは、失恋した女性美容師が休み時間に泣いているのを見て、「つらい気持ちのまま仕事をするのは、本人にとってもお客さまにとってもよくない」と、オーナーが決めた。

 システムは簡単で、失恋や離婚で休暇を取りたい旨を店長に報告するだけでOK。休暇日数は年齢によって異なり、25歳未満は1日、~30歳未満は2日、30歳以上は3日だ。導入は2011年。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る