妻がマグロに豹変ならリスク大 「突然離婚」には前兆あり

公開日: 更新日:

 男と女の将来は誰にもわからない。タレント、ベッキーの略奪愛などは典型例だろう。不倫相手の“ゲス男”は、新妻に対し結婚数カ月で「別れてくれ」と迫った。これは超レアケースとしても、いまや婚姻期間の長短にかかわらず夫婦の“突然、離婚”は珍しくないらしい。大半は妻側から別れを切り出す。夫たちは慌てふためくばかりだが、「決して突然のことではない」というのが妻たちの言い分だ。

「“突然、離婚”といっても、妻たちは気まぐれで離婚を切り出すわけではありません。別れを口にするのは理由があります。何年もの間、“耐えられないこと”や“夫とうまくやっていけないこと”が少しずつ積み重なって、我慢の限界に達した結果なのです。彼女たちは何らかのサインを出していたのに、夫たちは気づかなかった。“突然、離婚”とは、そういうことだと思います」

 こう言うのは、先ごろ「なぜ妻は突然、離婚を切り出すのか」(祥伝社新書)を上梓した、打越さく良弁護士。離婚・DVなどの家事事件を専門に手掛け、離婚を望む妻たちの相談も多いベテランだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る