妻がマグロに豹変ならリスク大 「突然離婚」には前兆あり

公開日:  更新日:

 男と女の将来は誰にもわからない。タレント、ベッキーの略奪愛などは典型例だろう。不倫相手の“ゲス男”は、新妻に対し結婚数カ月で「別れてくれ」と迫った。これは超レアケースとしても、いまや婚姻期間の長短にかかわらず夫婦の“突然、離婚”は珍しくないらしい。大半は妻側から別れを切り出す。夫たちは慌てふためくばかりだが、「決して突然のことではない」というのが妻たちの言い分だ。

「“突然、離婚”といっても、妻たちは気まぐれで離婚を切り出すわけではありません。別れを口にするのは理由があります。何年もの間、“耐えられないこと”や“夫とうまくやっていけないこと”が少しずつ積み重なって、我慢の限界に達した結果なのです。彼女たちは何らかのサインを出していたのに、夫たちは気づかなかった。“突然、離婚”とは、そういうことだと思います」

 こう言うのは、先ごろ「なぜ妻は突然、離婚を切り出すのか」(祥伝社新書)を上梓した、打越さく良弁護士。離婚・DVなどの家事事件を専門に手掛け、離婚を望む妻たちの相談も多いベテランだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る