• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

競争激化で料金下落 後悔しない「老犬ホーム」の選び方

「介護が必要になった犬についての相談が中心ですが、ここ2年ほど高齢者からの相談も増えています。ご自身が高齢になり『飼育が困難になった。どうしたらいいか』などです。こんなケースに頼りにされるのが老犬ホームですが、最近は施設数が急増して玉石混交状態。愛犬を預ける場合は慎重になるべきです」

 こう警鐘を鳴らすのは、「老犬介護ドットコム」の河村充代表だ。同社は老犬ホームの開業支援や、愛犬の介護が必要な状態になったときの相談に乗っている。

 老犬ホームとは、文字通り、“高齢や病気などで介護が必要になった犬たちを有料で預かる施設”のこと。

 高齢化が進み認知症や寝たきりになるのは、犬たちの間でも深刻な問題らしい。

「現在、老犬ホームの数は、全国で100施設を超えます。弱った犬たちを1年とか2年、期間を決めて預かります。5~6年前に年間40万円ほどだった料金相場が、競争が激しくなった最近は年間30万円を切る施設もある。ただ、安いからといって飛びついてキチンとしたケアをされずに火葬されたなどの話も出てきています」(河村氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る