競争激化で料金下落 後悔しない「老犬ホーム」の選び方

公開日: 更新日:

介護が必要になった犬についての相談が中心ですが、ここ2年ほど高齢者からの相談も増えています。ご自身が高齢になり『飼育が困難になった。どうしたらいいか』などです。こんなケースに頼りにされるのが老犬ホームですが、最近は施設数が急増して玉石混交状態。愛犬を預ける場合は慎重になるべきです」

 こう警鐘を鳴らすのは、「老犬介護ドットコム」の河村充代表だ。同社は老犬ホームの開業支援や、愛犬の介護が必要な状態になったときの相談に乗っている。

 老犬ホームとは、文字通り、“高齢や病気などで介護が必要になった犬たちを有料で預かる施設”のこと。

 高齢化が進み認知症や寝たきりになるのは、犬たちの間でも深刻な問題らしい。

「現在、老犬ホームの数は、全国で100施設を超えます。弱った犬たちを1年とか2年、期間を決めて預かります。5~6年前に年間40万円ほどだった料金相場が、競争が激しくなった最近は年間30万円を切る施設もある。ただ、安いからといって飛びついてキチンとしたケアをされずに火葬されたなどの話も出てきています」(河村氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る