サッカー“足裏タックル”240万円 スポーツ賠償の境界線は

公開日: 更新日:

 サッカー漫画「キャプテン翼」に登場する日向小次郎の得意技はスライディングタックルだったが、今やれば退場どころか、巨額の賠償を抱えることになるかもしれない。

 サッカーの試合中の接触プレーで、タックルを受けて骨折した男性が、相手選手を訴えた裁判。東京地裁は26日、加害者側に240万円余りの賠償を命じる判決を下した。

 事故が起きたのは、4年前の東京都社会人リーグ。男性が左足でボールを蹴ろうとした瞬間、加害者側が左足に向かってスパイクの裏を上げる「足裏タックル」。レフェリーはファウルを取らず、試合は続行されたものの、男性はすねを骨折した。

 判決は、「靴の裏側を向けるのは危険な行為で、強引にボールに挑む必要があったのか甚だ疑問」と加害者側の責任を“認定”した。確かに足裏タックルは危険だが、勢い余ってよく起きるファウルだ。そもそも、接触は避けられない競技である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る