サッカー“足裏タックル”240万円 スポーツ賠償の境界線は

公開日: 更新日:

 サッカー漫画「キャプテン翼」に登場する日向小次郎の得意技はスライディングタックルだったが、今やれば退場どころか、巨額の賠償を抱えることになるかもしれない。

 サッカーの試合中の接触プレーで、タックルを受けて骨折した男性が、相手選手を訴えた裁判。東京地裁は26日、加害者側に240万円余りの賠償を命じる判決を下した。

 事故が起きたのは、4年前の東京都社会人リーグ。男性が左足でボールを蹴ろうとした瞬間、加害者側が左足に向かってスパイクの裏を上げる「足裏タックル」。レフェリーはファウルを取らず、試合は続行されたものの、男性はすねを骨折した。

 判決は、「靴の裏側を向けるのは危険な行為で、強引にボールに挑む必要があったのか甚だ疑問」と加害者側の責任を“認定”した。確かに足裏タックルは危険だが、勢い余ってよく起きるファウルだ。そもそも、接触は避けられない競技である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る