住民激怒! 観光地と化した糸魚川大火災の全焼現場をルポ

公開日: 更新日:

 昨年12月22日に起きた新潟県糸魚川市の大火災から、5日で2週間。これから本格的な復興が始まるが、現場はどうなっているのか。日刊ゲンダイ記者が年明け2日に訪ねてみた。

 JR糸魚川駅を降りると、すぐに焦げた臭いが鼻を突く。駅から5分ほど歩くと、ほぼ東京ドーム1個分の約4万平方メートルが焼け、被害家屋144棟のうち120棟が全焼した現場が目の前に広がる。がれきの周囲には規制線が張ってあるが、ほとんど手つかずの状態だった。近所に住む中年女性はこう言う。

「被災者の大半は、年末年始を旅館や友人の家で過ごしていると聞いています。中には火災保険に入っていない人もいる。皆、『これからどうなるんだろう』と不安そうでした。恨んでいるわけじゃないですが、火元の中華店は半焼だったので、『燃えてないんだ』などと皮肉を言われています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る