糸魚川だけじゃない 全国発生「冬の火事」はこの手で防ぐ

公開日: 更新日:

 新潟・糸魚川市の大火事は冬場の火の怖さを改めて見せつけた。25日は千葉・市川市の廃材置き場が広範囲に燃えるなど、全国で失火が続いている。

 冬場は空気が乾燥しているため家庭でのちょっとした不注意が火事につながる。24日には大阪・八尾市の男性(82)が調理中にガスコンロをつけっぱなしにして衣服に引火、2階建て住宅の一部が燃えた。きのうは同・守口市の男性(86)が石油ストーブに給油中、灯油に引火して火事が起きている。

「独立行政法人製品評価技術基盤機構」の調査では、2011年からの5年間で石油、電気、ガスを使うストーブによる火災は975件、95人が死亡した。最多は電気ストーブによる事故で、ストーブの上に干していた衣類が落下するケースなどがあった。石油ストーブでは給油タンクのふたの閉め方が不十分なため灯油が漏れて引火する事故も報告されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る