• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

100社超参入の熱闘市場 プロが選んだ「青汁ランキング」

「青汁市場」が熱い。これまでは専門メーカーが牽引してきたが、今や食品、飲料、衣料品メーカーなど、100社以上から発売されている“成長株”だ。

 青汁は「苦い」「飲みにくい」といったイメージだが、最近はビックリするほどおいしい。牛乳と一緒に飲めば抹茶ミルクのようで、さらにおいしさがアップ。ただ、これだけ種類が豊富だと、どれを選べばいいのか迷ってしまう。 

 ウェブサイト「賢い青汁の選び方講座」を監修する管理栄養士の水谷俊江さんが「ポイントは主な原材料、安心・安全性、飲みやすさ、コスパの4つです」とこう続ける。

「代表的な主原料はケール、大麦若葉、クロレラ、明日葉、長命草です。中でもクロレラはポリフェノールの含有率がズバぬけて高く、ケールや長命草はビタミンE、ビタミンCを、明日葉はβカロテンを多く含んでいます。原料が四国や九州など温暖な地で生産されたものは、ポリフェノールやβカロテン、ビタミン、ミネラルなどの栄養価が高くなります。パッケージに『合成添加物、合成着色料は一切使用しておりません』と明記されていても、天然の添加剤が使用されているケースがあるので、チェックしてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る