専門性高くても非正規ばかり 「学芸員」の報われない現実

公開日: 更新日:

「学芸員はがん」――山本幸三地方創生担当相の暴言で注目されることになった学芸員は、報われない職業のひとつである。れっきとした国家資格で、合格率は62.3%(2014年度)と低くないものの、専門性が求められるため、修士や博士を取ってから挑戦する人も少なくないという。

「受験には、大学や短大の教職課程にプラスして『博物館概論』『展示学』『実習』などの専門分野を12単位以上、取得する必要があります。もともと1951年の博物館法により制定された資格で、歴史のある職業。日本の文化財を守るための研究が仕事です」(大阪産業大客員教授の八幡義雄氏=教育学)

■就職の倍率は100倍とも……

 もっとも、国家資格を取ったところで、望むような仕事に就けるわけでもない。就職先としては、博物館、美術館、教育委員会のスタッフのほか、臨時の展覧会、図書館の閲覧室などがあるが、専門知識を要する仕事ゆえに離職率は低く、なかなかポストが空かない。新参者には狭き門だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る