専門性高くても非正規ばかり 「学芸員」の報われない現実

公開日:

「学芸員はがん」――山本幸三地方創生担当相の暴言で注目されることになった学芸員は、報われない職業のひとつである。れっきとした国家資格で、合格率は62.3%(2014年度)と低くないものの、専門性が求められるため、修士や博士を取ってから挑戦する人も少なくないという。

「受験には、大学や短大の教職課程にプラスして『博物館概論』『展示学』『実習』などの専門分野を12単位以上、取得する必要があります。もともと1951年の博物館法により制定された資格で、歴史のある職業。日本の文化財を守るための研究が仕事です」(大阪産業大客員教授の八幡義雄氏=教育学)

■就職の倍率は100倍とも……

 もっとも、国家資格を取ったところで、望むような仕事に就けるわけでもない。就職先としては、博物館、美術館、教育委員会のスタッフのほか、臨時の展覧会、図書館の閲覧室などがあるが、専門知識を要する仕事ゆえに離職率は低く、なかなかポストが空かない。新参者には狭き門だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る