世界で急増 企業も注目のコワーキングスペースの使い勝手

公開日: 更新日:

 自宅でもよし、カフェでもよし。いろいろな働き方を受け入れ、社外での仕事を認める企業が増えている。そんな中、注目されているのが「コワーキングスペース」だ。

「共に働く場所」を意味する英語で、知らない人とオフィスをシェアする場所のこと。開放的な事務スペースを中心に、会議室やキッチンなどを備えているケースもある。「ノマドからの卒業」の著者で、コワーキングスペースに詳しい人材育成コンサルタントの渡邉雅也氏に聞いた。

■レンタル、シェアとの違い

「米サンフランシスコで発祥した5年後の2010年、神戸と東京でオープンして以来、コワーキングスペースは大流行。全世界で1万1300カ所以上、日本では600カ所ほどあるといわれています」

 フリーランス、会社員を問わず誰でも利用できる。多様な業種の人が交流することで、新しいアイデアが生まれたり、足りない知識や技術を補ったりする相乗効果が期待できるとされるが、レンタルオフィスやシェアオフィス、電源やネットを使えるカフェとは、どう違うのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る