• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

値上げラッシュと保険料アップ 家計の負担増はいくらに?

 値上げラッシュがカラカラに干上がった家計を直撃し始めている。何しろ、食品から日用品まであらゆるモノの値段が上がっている。これから値上がりする品物も多い。

 今月から東京電力など電力大手が軒並み電気料金を150~210円アップさせる。大王製紙など製紙会社はティッシュペーパーやトイレットペーパーなどを10%値上げし、バターやチーズの値段も1.1~4.3%上がる。バナナ、サラダ油、海苔といった身近な食材の価格も上がっている。

 先月は小麦の輸入価格が2年ぶりに上がった。パンやうどん、ラーメン、菓子といった小麦を使う食材の値段が上がるのも時間の問題だ。

 生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏が言う。

「いずれも原油高による燃料価格上昇や、円安による輸入コスト上昇の影響です。大豆、トウモロコシの値段も上がっているため、今後は納豆や豆腐の値上げもあり得ます。配合飼料で育てた鶏肉の価格も上がる。緑豆の価格も上昇しており、これまで家計のピンチを救ってきたモヤシの値段も上がりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る