• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小遣い「月4421円減」で浮き彫りになった日本経済の限界

 サラリーマン夫婦の厳しい懐事情が、日本経済の先行きの暗さを映し出している。明治安田生命の「家計に関するアンケート調査」によると、夫婦の月平均小遣い額は前年から4421円(!)も減って2万5082円となり、調査開始以来、最低を記録した。同調査によると夫のランチ代は平均704円なので、6日分の「昼飯代」が消える計算だ。さすがにもう育ち盛りではないだろうが、1日2食はきつい。

 調査を担当した明治安田生命チーフエコノミストの小玉祐一氏はこう言う。

「小遣いが減った原因として考えられるのは、依然として賃金が増えていないことと、若者世代を中心に、将来の社会保障に対する不安が拡大していることが挙げられます。景気は上向いているとされますが、デフレ脱却には力不足で、ベアにまで踏み込む企業は少ない。誰もが賃金の伸びを実感できる状態ではないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る