• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小遣い「月4421円減」で浮き彫りになった日本経済の限界

 サラリーマン夫婦の厳しい懐事情が、日本経済の先行きの暗さを映し出している。明治安田生命の「家計に関するアンケート調査」によると、夫婦の月平均小遣い額は前年から4421円(!)も減って2万5082円となり、調査開始以来、最低を記録した。同調査によると夫のランチ代は平均704円なので、6日分の「昼飯代」が消える計算だ。さすがにもう育ち盛りではないだろうが、1日2食はきつい。

 調査を担当した明治安田生命チーフエコノミストの小玉祐一氏はこう言う。

「小遣いが減った原因として考えられるのは、依然として賃金が増えていないことと、若者世代を中心に、将来の社会保障に対する不安が拡大していることが挙げられます。景気は上向いているとされますが、デフレ脱却には力不足で、ベアにまで踏み込む企業は少ない。誰もが賃金の伸びを実感できる状態ではないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る