小遣い「月4421円減」で浮き彫りになった日本経済の限界

公開日: 更新日:

 サラリーマン夫婦の厳しい懐事情が、日本経済の先行きの暗さを映し出している。明治安田生命の「家計に関するアンケート調査」によると、夫婦の月平均小遣い額は前年から4421円(!)も減って2万5082円となり、調査開始以来、最低を記録した。同調査によると夫のランチ代は平均704円なので、6日分の「昼飯代」が消える計算だ。さすがにもう育ち盛りではないだろうが、1日2食はきつい。

 調査を担当した明治安田生命チーフエコノミストの小玉祐一氏はこう言う。

「小遣いが減った原因として考えられるのは、依然として賃金が増えていないことと、若者世代を中心に、将来の社会保障に対する不安が拡大していることが挙げられます。景気は上向いているとされますが、デフレ脱却には力不足で、ベアにまで踏み込む企業は少ない。誰もが賃金の伸びを実感できる状態ではないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る