• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

寿司屋用は3年前の6割高…カツオに何が起きているのか?

 家族連れに大人気の回転寿司。この“回る寿司屋”で、寿司以外のメニューが増えているのにお気付きか。うどん、フルーツ、ケーキ、プリン……。理由は、“コスト的に魚に依存できない”からだ。実際、マグロ、カツオ、サケ、イクラといった定番商品の価格が高騰している。もはや、街中の寿司屋でも家庭でも、以前と同じ値段で同じ量を食べることはできなくなっている。どんな魚介がピンチかというと――。

「カツオ? 今年は高いよ~。ウチみたいな街中の寿司屋で使うモノは、これまで1キロ当たり1200~1300円クラス。魚屋よりはいい品ですよ。1本4~5キロで、だいたい5000~6000円くらい。ところが、今年は1キロ2000~3000円近い。これじゃ、高くてランチなどに使えない。初ガツオの季節とはいえ、この値段じゃ仕入れられない。だって、以前の値段で出したら、自分の首を絞めるようなもの。マグロ、サケ、イクラなども値段は上がってるよ。3年ほど前から比べたら、どの魚も3割くらいは高いよね~」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る