寿司屋用は3年前の6割高…カツオに何が起きているのか?

公開日:

 家族連れに大人気の回転寿司。この“回る寿司屋”で、寿司以外のメニューが増えているのにお気付きか。うどん、フルーツ、ケーキ、プリン……。理由は、“コスト的に魚に依存できない”からだ。実際、マグロ、カツオ、サケ、イクラといった定番商品の価格が高騰している。もはや、街中の寿司屋でも家庭でも、以前と同じ値段で同じ量を食べることはできなくなっている。どんな魚介がピンチかというと――。

「カツオ? 今年は高いよ~。ウチみたいな街中の寿司屋で使うモノは、これまで1キロ当たり1200~1300円クラス。魚屋よりはいい品ですよ。1本4~5キロで、だいたい5000~6000円くらい。ところが、今年は1キロ2000~3000円近い。これじゃ、高くてランチなどに使えない。初ガツオの季節とはいえ、この値段じゃ仕入れられない。だって、以前の値段で出したら、自分の首を絞めるようなもの。マグロ、サケ、イクラなども値段は上がってるよ。3年ほど前から比べたら、どの魚も3割くらいは高いよね~」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る