各識者も警鐘…サラリーマンを襲う“5月の3大危機”とは

公開日:

1.赤字決算でリストラ候補に

 5月は多くの企業で本決算が発表される。業績悪化によるリストラが明らかになるのもこの時期。2011年5月はリコーが1万人、16年5月はシャープが7000人のリストラを発表した。

「本決算で赤字になれば、経営陣は赤字を打ち出さざるを得ません。社員にとっては青天の霹靂でしょうが、リストラ策に待ったをかける手だてはありません。ただし、業績悪化の雰囲気を嗅ぎ取ることは可能。連休明けに役員クラスが早朝出勤や深夜残業をしていたり、時間外の電話が増える場合、経営危機であるケースが多いですね」(人事コンサルタントの菅野宏三氏)

 いつリストラ勧告があっても、冷静に行動できるよう心の準備は必要だ。

2.連休明けに逃げる新人

 入社3カ月未満で辞めてしまう新入社員は少なくない。GW明けは彼らにとってひとつのヤマだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る