• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

各識者も警鐘…サラリーマンを襲う“5月の3大危機”とは

1.赤字決算でリストラ候補に

 5月は多くの企業で本決算が発表される。業績悪化によるリストラが明らかになるのもこの時期。2011年5月はリコーが1万人、16年5月はシャープが7000人のリストラを発表した。

「本決算で赤字になれば、経営陣は赤字を打ち出さざるを得ません。社員にとっては青天の霹靂でしょうが、リストラ策に待ったをかける手だてはありません。ただし、業績悪化の雰囲気を嗅ぎ取ることは可能。連休明けに役員クラスが早朝出勤や深夜残業をしていたり、時間外の電話が増える場合、経営危機であるケースが多いですね」(人事コンサルタントの菅野宏三氏)

 いつリストラ勧告があっても、冷静に行動できるよう心の準備は必要だ。

2.連休明けに逃げる新人

 入社3カ月未満で辞めてしまう新入社員は少なくない。GW明けは彼らにとってひとつのヤマだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事