マクロン夫妻並み 内海桂子師匠の“超年下夫”に本音聞いた

公開日:

 新しいフランス大統領に選出されたエマニュエル・マクロン氏(39)の妻、ブリジットさん(64)に世界中が熱い視線を注いでいる。7人の孫をもちながら、ルイ・ヴィトンをこよなく愛し、その美脚から“バービー人形”とも呼ばれる。

 恋愛に寛容なフランス国民さえ驚嘆させたのは、夫婦の年齢差だけではない。2人の出会いは当時15歳だったマクロン青年が通っていた仏北部・アミアンの高校。同校で教師を務めていた当時40歳のブリジットさんには銀行員の夫と3人の子供がいたが、マクロン氏の猛烈アタックを受けて恋仲となり、07年に結婚。“禁断の師弟愛”を成就させた。

 マクロン氏は選挙中もブリジット夫人の助言を受けてきたといい、妻の存在をオープンにしてきた。そして、マクロン夫妻は今も毎日手つなぎデートをするくらい仲が良いという。気になるのは“妻が年上”の「年の差婚」をした男性のホンネだ。最近は55歳の藤あや子が30代男性と再婚したり、日本でも珍しくなくなってきている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る